政府の小中学生にモバイルルーター貸与は必要なのか?

愚策である!
新型コロナウイルス感染拡大の影響で学校の休校が長期化する中、
政府が小中学生内での低所得世帯にインターネット環境がない
全ての家庭を対象にモバイルルーターを貸与する方針を固めた
しかし






これは本当に必要なことなのか?

しかも

使用料金は個人負担!!


あのさぁ、政府がモバイルルーターそのものをわかってないんじゃないの?


そもそもモバイルルーターは契約時には端末の料金は払わない


しかもどこのモバイルルーターなのか?

結局は利権が絡んでいるとしか思えない


それにそもそもの目的であるモバイルルーターを使って

低所得者の子供が勉強するとは思えない!


動画観たりSNSなどの使用で使用制限の上限に行ってしまいそうだ笑



それに本日、ドコモ、ソフトバンク、AU などは

無料で通信料を増やしている


まさに政府がやっていることは愚策である



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント