プラズマ「KURO」の遺伝子を継承したパナソニック新生PDP

画像パナソニックから
出るらしいジャン♪
はたしてその性能はイカに
って感じなんだけど
まぁー、オイラも






















































すでに


「KURO」を持ってる人間なんですけど


今の薄型テレビはメーカー各社によって


それぞれ色々と特性が違うから一概にどれが一番良いテレビなのかは


人それぞれなんだけど



やっぱり映画重視のオイラにとっては今のところ



「KURO」が一番良いかなぁ~と思うわけで




逆に


CELLレグザはカッコイイだけど


色々と付け過ぎててオイラとしては使いずらいorz



番組録画もほとんどしないし


ネットの番組も見ない



映画ソフトを買ってきて観るからどちらかというと




プラズマ派なんだよね。





さてさてパナの新しいテレビであるけど



パナソニックの新生PDPは、
パナソニックの持つ発光高効率化技術によるピーク輝度向上と、
パイオニアの予備放電低減技術による黒性能強化の
相乗効果によって誕生したパネルとなっている。





との事♪




そしてカタログスペックだけど



パイオニアのKURO最終型はコントラストのスペックは非公開で
一説によれば10万:1相当だったと言われるが、
今期のパナソニックの新生PDPでは、発光効率の向上と、
KUROの遺伝子を継承した暗部性能の向上で、




コントラスト比500万:1を達成したとしている。



との事♪



現在発売されている


LED液晶は100万:1だからスペック的には凄いよね。


あれ?CELLレグザもコントラスト比500万:1だっけ?




まぁー、あまりカタログスペックを鵜呑みにするのは良くないけど


期待してしまう数値ではあるよね。


でもパナは過去に結構、裏切れられてるたから


正直あまり期待してないのも事実なんだよね。



まぁー、これが出たらまたどこかで品川が色々と中途半端な情報を


言いそうな感じだけどw




とりあえず驚愕すべき数値であるのには間違いない。



あとは実際の商品を見てからだよね。


CELLレグザなんて前評判があまりに凄過ぎたから


どんなに凄いテレビなんだと思って発売日に店に行って確認したけど




なに?これで凄いの??
画像




って感じだったもんねw




パナは今年は3Dテレビも発売するらしいから


これからどんなビジュアルライフが送れるのか


映像好きなオイラにとっては楽しい年になりそうである♪







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック