元気印の日なたぼっこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活保護を考える その壱

<<   作成日時 : 2012/06/16 01:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像反省の色がない
河本母から
色んな意味で
浮き彫りになった
生活保護の実態。
まぁー、適当な行政仕事だから
とんでもない落ち度があるとは
前々から思っていたが
さらに今回は
































































以下、東スポWEB引用


生き別れ状態の娘にも頭を下げるのか? 
お笑い芸人河本準一(37)の母親の問題に端を発した
生活保護に対する政界の制度規制強化機運、
受給者へのバッシングで貧困層の不安が急拡大している。
市民組織が実施した電話相談には、
厳しすぎる行政の対応に
「お金のない人は死ぬしかないのか」といった声が殺到した。



電話相談は「生活保護“緊急”相談ダイヤル実行委員会」の主催で行われ、
全国5か所の計16回線がほぼ途切れず、
計363件に達した。その概要が、
「反貧困ネットワーク」の記者会見で発表された。

なかでも悲惨なのは、年金収入が5万円という宮城県の相談者のケース。
半年前、生活保護の相談に行ったところ、
20年以上前に別れた妻のところに残した当時2歳ぐらいの娘から
「承諾書」を取るように言われた。遠方の娘を訪ねたが、
承諾は得られず。「仮に生活保護を受けられるとしても、
毎年のように娘のところに照会が行くとしたら迷惑だろうから、
申請をするか悩む」と打ち明けた。


相談を受けた田川英信氏は「こういう対応は、やってはいけない」と苦言を呈する。
ほかにも「親族の調査が心配」
「家族に調査が行くのなら、死ぬしかない」との相談が相次ぎ、
同ネットワークの宇都宮健児代表(前日弁連会長)は
「扶養義務の強化は世界的な流れに逆行する」と批判した。


かつて市役所の水際作戦≠ナ保護を拒まれたとされる男性が
「おにぎりを食べたい」と餓死した北九州市。同市からも
「片山さつきの目が怖い。自分がもっと社会の役に
立てるような人間ならよかったのだが、病気で役に立たないので
死ねと言われているように感じる」と悲痛な叫びが届いた。








結局、行政がちゃんと調べなさすぎなんだよ。


本当に生活保護が必要な人にいかなくて


どうでもいいような人に金がいってるんだから。




ちゃんとした審査を時間をかけてして


とりあえず若者は特に時間をかけて身辺調査をしないと駄目だよね。




「○○さんは両親がご健在でまだ働いてるね。


持ち家(賃貸も同様)だし家の片隅をもらってまったく贅沢しないで


三度の飯が食べれれば就職活動に専念して


生活保護を支給しなくても良いですよね。」




とかぐらい調査しなくちゃ駄目だよ。




一生懸命働いている人がバカらしい世の中だぜこれ!!


前にSPAで生活保護をもらってるヤツが


「お金を残しておけないので昼間はカラオケさらに


残ったお金は


ピンサロに使ってます」





とかバカなこと言ってやがるんだよ。





SPAも取材が終わったらこんなバカは行政に突き出して


生活保護を剥奪してもらわなくちゃ駄目だよ。



おにぎりも食べれない人が死ぬんじゃなくて


こういう人間が死ぬべきなんだよ。




「都会の真ん中で野たれ死ね!!」




って言ってやりたい。




行政も役所も人様の金で飯食ってるんだから


ちゃんと仕事しろよって思うだよオイラは。



そもそも金のありがたみをわからない奴等が審査するのが


おかしい。




生活保護受給者はすべて資料を公にして


それでこの人だったら国から支援の金を与えても良いのでは


ないだろうか?



ってしないと駄目だよね。




裁判員制度みたいに



生活保護の場合は普通にサラリーマンとかOLの人達に


決めさせてもらいたいね。



他にも少ない給料で頑張ってる人がいるわけだから



「生きれればいいですから僕は毎月、切り詰めて


○○円で生活できてますよ。


だから受給者の○○さんには若いんだし身体は五体満足なんだから


これだけお金を渡せばいいと思います」




って決めていけよ!!




体力がある若者は後回しでもいいだよ。


特に大学卒してプラプラしてたヤツらは一番後回し



「君は大学の4年間何をやってたんだね」



ってなるじゃん。




最初は身寄りがない年寄りとか


身体に障害を持っていて満足に働けない人に支給しないといかんよ!!





生活保護を貰う人は


「このままでは死んでしまう身辺調査でもなんでもしてくれ


すべての調査内容に従う」



って人が始めて最初の生活保護審査に進めるシステムにすりゃいいだよ。





あとね国や我々の税金で生活保護が成り立ってるんだから


年取って免疫力が落ちてる年寄りとか


身体が悪い人はしょうがないけど



若いヤツで生活保護を受け取ってるヤツは


風呂無しトイレ共同の場所にしないと駄目だぜ!!



生ぬるい環境にいさせるから抜け出せなくなるんだよ。





身体が弱くて力が弱い人達がちゃんと生活していくことが


出来る社会にしていかないと日本は終わるね。








たぶん続く。











<軍曹、本日の2本>





あきれた実態2本










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生活保護を考える その壱 元気印の日なたぼっこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる