元気印の日なたぼっこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争で散る命。(改定版)

<<   作成日時 : 2005/04/30 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ザフトミネルバ陣営vs地球軍・オーブ陣営。戦力差は歴然!ミネルバにはMSが4機のみ対する敵陣営とは比べものにならない。
オーブ軍が今回は先陣で戦った為、地球軍の機体はほとんど出ず、アストレイやムラサメが殆どだった。まぁーミネルバがオーブ軍の方に舵をとったせいもあるが!
 アウル君!まさか!こんなに早く天に召されてしまうなんて(涙)しかもAパートでクランクアップだなんて、ニコルの時のように一言あると思ってたが、ん〜無かった!噂では最後はブロックワードである「母さん」と一言、言って天に召されると聞いていたがガセだった。
 なぜ?戦うのか?アスランはどちらかと言えば、ザフト寄り「俺がザフトの方を何とかするから、カガリはオーブを何とかしろ!」と言っている様でならない。(事実、言っているが)カガリがうまくいかない事に苛立つアスラン。
カガリは自分の力がないせいで次々と目の前で散っていくオーブ兵たちを如何する事も出来ない最後は「我らの涙と維持、とくとごらんあれ!」と言って、馬場ッチは神風特攻隊のようにミネルバへ突っ込んで行くムラサメ。他ムラサメ数機の特攻の際、ミネルバの主砲、先部が大破!加えてルナマリアのザクも大破しルナマリアは重症を負ってしまう。
 またしても介入してくるフリーダムとAA。そしてカガリの言葉が奇麗事にしか聞こえないシンの怒りは再び頂点へ!シンに攻撃してくるフリーダムに
「オマエも!ふざけるな!(怒)」





そして、一億六千万人のシン君ファンのみなさん!待ちに待った!シン君二度目の伝家の宝刀「種割れ」です!
フリーダムの攻撃を海上で交わし、攻撃してきたアビスを一瞬にして撃破。
 またしてもキラの介入に苛立つアスラン。「また戦場をかき乱す気か(怒)キラ!」しかし戦いの最中(この間にカオスを一瞬にして頭部、コクピットを残して撃破する。強い!強すぎるキラ!今まで幾度となくカオスと戦ってきたアスランってやっぱり弱いのか?屁たれ気味か?)
キラは言う「でもカガリは今泣いているんだ!こんな事になるのが嫌で今泣いているんだぞ!」カガリの事を理解していないアスランにキラは「だったら僕がキミを討つ!」とSEEDに覚醒。
カガリの気持をキラに言われアスラン(セイバー)の動きが止まり次の瞬間、フリーダム初の二刀流です!カッチョイーっす!軍曹、ジムでどこまでも着いて行くっす!武士道っす!キラ!。コクピットを残しセイバーは一瞬にして大破。(上の画像参照)アスランはキラの言葉でセーブがかかり「種割れ」出来なかったのではないだろうか?キラが言わなければニコルの時のように怒りだけでSEEDに覚醒して戦っていたかもしれない。今のシンのように。フォースからソードへ換装し次々に艦を鎮めていくシン!
 トダカ一佐は皆に退避命令を出す。「すでに無い命と思うなら想いを同じくするものを集めてAAへ行け!それが!いつの日か道を開く!私と今日、無念に散ったもの達のためにも行け!」と言ったシーン。でました!今日の一押し名言!「男っす!トダカ一佐!(涙)」 
ユウナはトダカの命令で避難する。「クーソー!!(怒)!!こいつチョー、ムカつく!(怒)!(怒)!絶対、戦争とかってこうゆう、ろくでも無い奴が生き残るんだよなぁー!軍曹!佐藤玉緒と一緒に頭の上に両手でコブシを作って、も〜プンプンであります!(怒)。」
皆が避難した後に一人、タケミカズチに残るトダカ一佐。炎のなか悪魔のように破壊シンの如く現れるインパルス!怒りの中、かつて一人身の自分をオーブへ行かしてくれた人が今、目の前の沈みかけているこの艦にいる事は今のシンには判らない。逆にかつて助けた子供が今、敵となり自分の最期の命を潰しに来たとはもちろんトダカも思いもしないであろう。
戦争が引き起こした二人の悲しい再会であった!タケミカズチを落としてもシンの怒りはまだ収まらない。
  トダカ一佐に敬礼!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦争で散る命。(改定版) 元気印の日なたぼっこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる